探偵に浮気調査を依頼した場合の費用を見積もってみました

探偵について調べまくっている今日この頃だが、

費用に関しての情報が本当に少ない。

言い値とか書いてあるサイトもあるし、人数や調査日数でもだいぶ違うようだ。

だが不明瞭な探偵業界の浮気調査の料金にも大まかな目安というものがあり、まず人数は2人1組が基本、それ以上の人数は多くても3人。

仮に浮気調査に2以上の人数が必要だと言われた場合は、怪しいと踏んだ方がよいだろう。2人の調査員に依頼した場合、1時間で2~3万円だそうだ。探偵社は基本的に1時間での調査では、儲けが出ないので、基本給として固定の金額を払わなければいけないところが多い。

基本給は4時間程度が基準のようだ。これだけでも費用として10万円以上が掛かってくる計算になる。つまり、10万円を1つの基準と考えると、それ掛ける日数分が単純に計算した、浮気調査を探偵に依頼したときの費用と考えていいだろう。

実際は、これプラス諸経費が掛かってくるので、さらに費用は掛かってくる。車輌費がもっとも分かり易い経費だが、尾行をする際、ターゲットである妻や夫が車で移動する可能性が高い場合は、車を用意しなければならない。その費用が1台1,2万円かかるのだ。

浮気調査の場合は、特に妻や夫の行動次第なので、調査日数や、調査人数も変わってくるだろう。そのあたりを相談しながら、浮気調査の日数や料金を調整しながら決めていくの大きな流れ。

限りなく怪しい日が分かっているのなら、その日をピンポイントで調査してもらう事も可能だし、こちらがターゲットである夫や妻の情報をどれだけ把握していくかによっても、掛かる金額は大きく変わってくる。

何となく怪しい、浮気している可能性がある。

そういった漠然とした情報だけでは、無駄に調査日数だけがかさんでしまうので、自分でもう少し調べた方がよさそうだ。そういったことも加味すると、10万円×4,5日=40万~50万+諸経費

浮気調査を探偵に依頼した場合の料金は、この辺りが相場ではないだろうか?

但し、浮気調査を探偵社に依頼する場合、浮気をしていたと分かったことで調査が終了するものだと勘違いしている依頼者も多いと思うが、当然、奥さんや旦那さんが浮気していると思い込んでいたケースも考えられるので、その場合は当然だが、浮気の証拠は出てこなかったという調査結果が得られることになる。

その場合、浮気していないと証明することは難しく、探偵に調査をしてもらった日は浮気をしていないという事だけが分かる結果となる。費用に見合った結果を得たいのであれば、セルフ浮気調査をしてからがいいのだろう。但し、必要以上に自分で浮気調査をしてしまうと、夫や妻を疑っていることがバレテしまい、探偵に依頼した際には既に警戒心を植え付けてしまうなんてことになったら、それこそ浮気の証拠を出さなくなる。できる範囲で調査はして欲しいが、ころ合いだけは見て欲しい。

ちなみに探偵社や興信所から200万、300万と料金を要求された場合は、明らかに高額なので、こちらも合わせて注意して欲しいと思う。また、これからも私が調べた探偵業界に関する情報をアップしていこうと思う。

ここのところ、妻のパート帰りが遅くなったように思える。

保育園の迎えなどに間に合っていないようだ。女性の浮気は職場で出会いが多いそうだが、携帯をトイレに持ち込む、お風呂に持ち込むなどが怪しいサインだそうだ。

まだ、その傾向はみられないが残業と言ったり、女子会と言ったりと、なんだかんだいって外出する機会が増えた。オシャレにも気を使うようになったし、何と書くだが服装の趣味も変わったように思える。

スマホのロックが掛かっているので、何とも言えないがlineは怪しいのでチェックしてみようと思う。パート先の店長が怪しい。近所の人ではないと思うが、同窓会や送別会もあったのでどこが怪しいかは分からない。文字変換機能で調べていきたいとも思う。

探偵に依頼したので電話対応から実際に浮気調査の契約をして調査報告書を貰うまでを事細かに書いていきます。離婚を有利に進めるには証拠がものをいう。離婚するにも復縁するにもまずはガッチリ証拠を集めていこう。